NICA@Italy

イタリア旅行記とイタリアについて思いつくままに。 日々のしょうもない話も少し。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ひったくり
イタリアはひったくり・スリが多いと聞いていたので、私は行く前からかなり気合を入れて注意していました。

もちろんパスポート・クレカ・高額紙幣などは成田で購入した首から提げるポーチに入れて、カバンは肩がけでも胸側に引き寄せ、カメラも首から提げた状態でカバンの中に入れる!

ユーロスターの中では、トランクはなるべく座席上に置いて、置けない場合は荷物置き場に鍵付きワイヤーでくくり付けて、出発前や駅に着いたらマメに見に行くように。

後ろから来る人は全てひったくりに見え、急に近づいてきたりしようもんならカバンを抱えてやり過ごす!!という徹底振り。
今思うと、「1番怪しいのはアンタだよ・・・」というくらい挙動不審な日本人だったのですが、その甲斐あってか、何の被害にも遭わず無事に過ごすことができました。

ミラノ・フィレンツェ・カプリ・ナポリと回る内、あまりにも何にもないので(特にナポリで1番警戒していた)、ちょっと気が緩んできていた私。

「なんだ~、危ないって聞いていたけど、そうでもないんや~」

そんな時、ついに!?見てしまったのです。ひったくりを!!

場所はローマ、テルミニ駅から西にあるサンタ・マリア・マッジョーレ教会前。
夫がプント・ローマを見ている間、手前の角にあるBARでお茶していた時のことです。

「○△×%&・・・!!!!!」(多分英語、何言ってるかは不明
激しい叫び声に、周りにいた人全員が振り返りました。
見ると、叫びながらこちらに走ってくる白人のおばちゃん。その前にはカバンを手に持ち、逃げるひったくりの姿が。
私たちのいるBARの車道をはさんで向こうの角を曲がり、あっという間に走り去るひったくり。おばちゃんが角を曲がった時には、既に遥か彼方に…。(下り坂の為、速い速い!!)あれはオリンピックで金メダルを取れるな~ってくらい速い!!

おばちゃん、必死で追いかけてましたが、その後ろに夫らしきおっちゃんがやる気なさげに追いかけてたのが印象的でした。・・・男だったらもっと本気で追いかけろ~!!


今でも、あのおばちゃんとおっちゃんがどうなったのか、思い出すと私まで辛くなってしまうのでした。。。

アクセス&ご協力ありがとうございます~!!
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
私は今のところ
引ったくり目撃してません。

追いかけて捕まえてみたいですよね。(ちょっとむりかな?)
2006/06/08(木) 02:50:17 | URL | らふぁえろ #-[ 編集]
私もそう思っていたのですが、あんなに速いとは・・・。
足が遅いひったくりなんていないでしょうしね(^_^;)
でもせめて足を引っ掛けるくらいはしてやりたい~
2006/06/09(金) 07:49:14 | URL | nica #-[ 編集]
今回2週間の滞在でトリノでスリ未遂2回。ローマでレストランの外テーブルに置いていた携帯電話を持って行かれそうになったこと1回。なんだかますます物騒になってきたみたいです。ローマでは物乞いが去年の3倍くらいになっていたし・・・。しかも、全然悪びれる気配がないのが嫌なんですよね~。逃げもしない・・・。困ったものです。
2006/06/18(日) 03:00:18 | URL | バリエ #-[ 編集]
バリエさんへ
3回も危ない目に!でも未遂で終わってよかったですね~。もし私がサイフやら何やら盗られてしまったら、きっと日本に帰って来れないと思う・・・。観光客、特に日本人はお金持ってるし狙われやすいんでしょうね。
警戒しすぎだったかな?と思っていたけど、そのおかげで無事だったので結果オーライです(^_^;)
2006/06/20(火) 12:10:36 | URL | nica #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。